Blog

謝謝、台湾。自転車台湾一周。

2012-05-08
photo:01



東日本大震災のとき、200億円以上の義援金を寄せてくれた台湾に感謝して、
自転車で台湾を一周している青年がいる。
写真中央の安部良くん。
アンベくん。
左は交流協会高雄所長。
右は日石のSさん。
アンベくんは某大手保険会社を辞めて、
どうしても台湾の人たちにお礼を言いたいと、やって来た。

photo:02



この自転車で、2週間かけて、台湾の東海岸を南下してきた。
あと半周。

photo:03



この旗とのぼりをつけて、
自転車を走らせています。
見かけたら声をかけて。

photo:04



笑顔がシャイです。
iPhoneからの投稿

友人のランチ。

2012-05-07
photo:01



作家仲間のはにわきみこさん。
これから、1週間ほど、台湾のお宅にホームステイしながら、中国語の語学学校に通うらしい。

photo:02



帰り道。
交差点のはるか後ろに、バイクが停車しているのは、木陰があるから。
iPhoneからの投稿

人生時間

2012-05-04
photo:01



修士論文の取材が続いている、

ブログを見て、連絡をくださった方、ありがとうございます。

ご協力くださったみなさまに感謝して、いい研究になるよう頑張ります。


さて。

「人生時間」というのを、聞くことがある。

よく、言われるのが、いまの年齢を3で割ったのが「人生時間」。


たとえば、30歳だったら、30歳÷3=10時で、まだ午前中。

60歳なら、60歳÷3=20時で、これからが大人が楽しむ時間。


しかし、これだと、3×24時間=72歳で人生が終わることになる。

60歳まで生きた人の平均余命は男性82.5歳、女性88歳というから、

(普通、いわれている平均寿命は、0歳からの平均余命)

もう少し、人生時間はあるのではないか。


私は96歳でも元気に仕事をしている人を知っているから

4で割ることにした。


先のことは意識しすぎず、いまをしっかり生きればいいと思っていたが、

先のことを少しだけ意識することが、いまを充実させることにつながる・・・

そんな気がしている。
iPhoneからの投稿

八方雲集

2012-04-30
photo:01


かき氷やさんの二、三軒、おとなりに、またまた、繁盛している店。

台湾の繁盛している店は、おいしい・・・という法則。

おいしい店が、必ず繁盛しているとは限らないんだけど。


ってことで、おなかは満たされているんだけど、

つい寄ってしまったギョーザ屋さん。

photo:02


お店は会社帰り、学校帰りの人でいっぱい。

安くておいしい店が多いから、台湾の主婦は、ゴハン作らなくても大丈夫。

働く女性に、すばらしい環境だと思う。

photo:03



こちらは、マージャー麺。30元。

見た目は普通だけど、いやいや、かなりイケます。


photo:04



こちらは、焼き餃子(豚)と水餃子。一個4元・・・だったかな。

焼き餃子は、豚、エビ、キムチなど、いろいろあり。


確かにレベル高し。

あとに残る味わいがさっぱり。


よく食べた・・・

そうだ。スクワット・・・


【八方雲集】

高雄市三民區鼎中路401-1號

TEL 07-346-3804
iPhoneからの投稿

黒砂糖刨冰

2012-04-30
photo:01



暑いときは、なんといってもこれ。


かき氷やさん。


甘いかき氷は苦手のテンキが、教えてくれたお店は、

黒砂糖のかき氷。

photo:02


たくさんあるトッピングメニュー(?)。

ここから6種類を選ぶ。


photo:03


トッピングといっても、氷の下にくる具材。

おいも、小豆、緑豆、ゼリー、お餅・・・

ピーナッツもいれると香ばしい。

photo:04


一口食べると・・・う・・・感動。

おいしすぎる。


黒砂糖の甘さが絶妙。

甘すぎないので、さらさらと完食。


すーっと体が冷えて、元気になる台湾スイーツ。

こんな独特の味は、小さい個人商店でしか味わえないから、

繁盛してるし、なくならない。

photo:05



【黒砂糖刨冰】

高雄市三民區鼎中路419號(文藻学院の裏側)

TEL 07-310-1677


iPhoneからの投稿

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail