Blog

言葉のでき方

2012-03-07
photo:01


暑い日だった。

教室では、エアコンがガンガン効いている。

今日は翻訳についての授業。

欧米文化が盛んに入るようになった明治初期。

日本には、「society」という英語にあたる日本語がなかった。

明治6年(1873)の、英和辞典では。

society =会(ナカマ)、会社(クミアイ)、連衆(レンシュ)、交際(カウサイ)、

合同(イッチ)、社友(シャチュウ)

英語のsocietyには、広義と狭義があるが、

日本には、新聞社、婦人会など、狭い範囲の言葉はあっても、

広い範囲の言葉はなかった。

「国」とか「藩」とかいう言葉は身分の集まりであり、

「個の集まり」ではなく。

つまり、societyに対応するような現実が日本になかったということ。

individual(個人)という考え方も、当時の日本にはなかった。

そこで、翻訳者たちは、苦労した。

福沢諭吉は、初期は「人間交際」などと訳しているが、

『学問のすすめ』あたりから、「社会」という言葉が用いられている。

「社会」という言葉は、最初からあった言葉ではなく、

新たな概念を表現するために、学者たちによって人工的に作られた和製漢語。

翻訳者たちは、あれこれ用いているうちに、

「わかりにくいが、使いやすい」

という「Society = 社会」という言葉に落ち着いていった。

「わかりにくい」からこそ、乱用されて、広まりやすいのだ。

別な言語に置き換えて、意味を伝えるには、概念や考え方を理解しなきゃ伝えられない。

当時の翻訳の苦闘って、タイヘンなものだっただろう……っていうお話。

ちなみに、これを発表してくれたのは、アメリカ人のRちゃんで、

英語には、日本の「義理」とか「本音」「建て前」にぴったりくる単語がないらしい。

photo:02



iPhoneからの投稿

日本語を学ぶ若者たち

2012-03-06
photo:01



今年、台湾で新しい仕事が加わった。

大学4年生への講義。

これまで単発の講演やセミナーは、何度もしたが

継続的なのは初めて。

「日本企業文化」という授業。

1回目の今日は、面接や自己PRの実践練習をしてもらいつつ、

台湾と日本の会社のちがいなどについて話した。

日系企業で働くためには・・・という話も。

一生懸命、日本語を学んでいる大学生たち。

いつか、それが生きる糧になればと思う。

講義が終わって、自分も大学院に行って講義を受ける。
学生として。

日本の留学から帰ってきた学生が3人。

2年で300万円かかったという学生もいたが

「お金には替えられない経験が得られた」と言っていた。

さわやかな、いい笑顔。

それにしても暑い一日だった。

高雄には春がないというが、ほんと、夏が来たよう。

iPhoneからの投稿

世界共通の言葉「エスペラント」

2012-03-05
MAYUMIの旅びと生活。

台湾に来て、友人が先生をしていることから、出会った「エスペラント語」。

上の絵は、その娘さんが描いた台湾版エスペラント語の雑誌。

(2月26日のブログにも出てきた小学生の女の子)

今年は、エスペラント語ができて、125周年とか。

エスペラント語は、中立的なコミュニケーションの道具として、

125年前にユダヤ系ポーランド人、ルドヴィコ・ザメンホフ(眼科医・言語学者)

によって発案された人工語。


当時のポーランド(ロシア領)にいた4つの民族が、度々不和を起こすのは、

お互いの理解不足が原因だと感じ、すべての人が話せるような世界一簡単な

言語を作った。


いまも、エスペラント語を話す人は、世界中に100万人とか160万人とか諸説があるが、

なかには、エスペラント語を母語として話している人々も、少数いるのだとか。


どの国の言葉でもないが、フランス語、スペイン語にちょっと近い。


日本にも「日本エスペラント学会」というのがあって、

世界中と、文化交流もやっているようだ。

http://www.jei.or.jp


作家では宮沢賢治がエスペラント語を小説のあちこちに用いていたという話も。

その他、企業の商品名になっているものも多い。


日本語から派生したエスペラント語もある。

たとえば・・・


アニメ(日本語)→アニメーオ(エスペラント語)

円→エーノ

侍→サムラーヨ

天ぷら→テンプーロ

うどん→ウドーノ


言い方が、なんだか楽しい。


文法を見ると、ほんと、簡単そう。

台湾のエスペラント語で会話している人たちは楽しそうで、

とても興味はあるのだけれど、余力が・・・

(台湾において、中国語さえもできていないワタクシ)

聞けば聞くほど、興味深い言語ではある。

ある日の出来事。

2012-03-05
photo:01



昨日は、不思議な日だった。

クリーニングやさんに出したジャケットがアイロンで焦げたと電話があり、

深夜、アイロンやさんで賠償金を交渉することに。

クリーニングの賠償って、どれくらいのもんだろう?

インターネットであれこれ調べる。

ちょっといいお値段のジャケットなのだけど、

たくさん請求したら、かわいそうかも・・・。

買ったときのレシートももっていたので、それを見せ、

かなり妥協した金額を提示したのだけど、若い社長さんは

「従業員に弁償させたら、辞めてしまって、仕事をしてくれる人がいなくなる」とか、

「洋服は一度袖を通しただけで半値以下。1年着たらほとんど価値がない」とか

ミスした従業員に払わせること前提で、あれこれ訴える。

だんだん人が集まってきて、なんとなく、こちらが責められているよう。

最後は、みんなで焦げたジャケットを

「着られないことはないでしょう」

なんて言い出した。

日本の事故対応とはずいぶんちがうと思うが、ここは台湾。

台湾の常識ではそんなもんだろうか。

いや、待てよ。それではいかんでしょうと、がんばって主張し、

お互いの言う金額の中間価格で、なんとか成立した。

決まってしまったら、気のいい台湾の人々。

みんな笑顔でにっこり。

あまり接する人のことのない人たちの世界が見られ、

しかも、交渉なんてことができて、これもいい経験。

服では、ちょっとだけ損した感もあるが、

経験では得したかもと思う。

iPhoneからの投稿

こんな夜食もあり。

2012-03-03
photo:01


なるべく、自然から得られるものを食べようとは思っているが、

夜中に、こんなものも食べる。

最近は、ロングセラーのお菓子からのアイスやビスケットなど

パロディ商品が多いようだ。

上のいちごのアイスは、とってもお気に入り。

チェルシーのビスケットは・・・うーん。

普通のチェルシーは好きだけれど。

さて、執筆をやろうとするとき、どうも気分が乗らないと思ったり、

やっている最中、迷路に入って、なかなか進めないことがある。

でも、あるとき、突然、気持ちが高まってくることがある。

新しい発見があったり、出口が見えてきたり、

考えていることが、やっと整理できたり・・・

それは、さまざまなんだけれど、

「楽しい」「おもろろい」「うれしい」など、心がプラスに振れる瞬間。

そこに行きついたら、だんだんハマってきて、

「もう寝なきゃ・・・」と思っても、なかなか止めらず、

気が付いたら朝・・・ということになる。

そんな瞬間は、どんなことにも起きる。

たとえば、大学院の発表準備だったり、家の片づけやあれこれだったり、

なにかの用事や買い物だったり、運動不足解消の散歩だったり。

大事なのは、その「心がプラスに振れる瞬間」を見逃さないこと。

そして、そんなときは必ず来ると信じていること……。

iPhoneからの投稿

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2022 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail