Blog

イタリアの移民の会で講演

2016-09-07

13882255_1155044284516816_6418273261752696241_n6月、ブエノスアイレスでは、友人トモコさんのおかげで、さまざまな交流をしました。

そのひとつがイタリアの移民の会での講演。
テーマは「感情の整理」について。
感情に対する考え方が異なる場所で受け入れてもらえるか?新しい挑戦。

何度も拍手をいただき、講演のあとに、年配の女性が走り寄ってきて「あなたのような考え方が広まれば、世界は平和になれる!」。 人間のもっている本質的な感情は同じ。さまざまな感情や気持ちを共感できると確信しました。

一緒に写っているのは、タンゲーラのマルセラさんと歌手のビッキーちゃん。

 

世界で2番目に美しいという本屋さん。

2016-08-29

IMG_3719
2008年、2010年、イギリスのガーディアンの「世界で最も美しい10の本屋」
https://www.theguardian.com/books/2008/jan/11/bestukbookshops
で2位にランクインしたブエノスアイレスのアテネオ書店。
(ちなみに1位はオランダの書店、9位に京都の恵文社がランクイン)

恵文社
http://www.keibunsha-store.com/

アテネオ書店は、劇場を改装して、書店にしたもので、舞台はカフェ、チケット売り場もそのまま残っている。
横のバルコニーは細かい装飾が施され、丸い天井には美しい絵が描かれ、ライトアップも幻想的。たしかに、これはうつくしいわ……。
あちこちで、ゆっくり座って本を読めるようになっていて、まるで図書館のよう。
私にとって本屋さんや図書館はパワースポット。このアテネオ書店のパワーはすごいかも……。

そうそう、ここのカフェで、案山子を日本の田んぼまで見に行ったというマリアちゃんとお茶したんだわ。
案山子そものもに興味があるというより、案山子を丁寧に作っている農村の人びとの心情に興味があったのだとか。
案山子についての小説も書いているらしく、美しい書店で案山子談議。ファンタジーな時間だった。IMG_3740IMG_3739

←ベストセラー本のディスプレイがたいへん芸術的。

毎日プレミア連載「旅するように生きてみたら」8回目がアップされました。

2016-08-26

IMG_4460

毎日プレミア連載「旅するように生きてみたら~人生折り返し地点の選択」8回目は・・・・・・
「地方で見つけた〝楽しんで続ける〟の社会貢献(2)」
http://mainichi.jp/articles/20160826/org/00m/100/003000d

今回は、神田くんがやっている「神田亭」のお話。

日本も戦前は寄付が盛んだったとか。
「寄付やボランティアは余裕がないとできない」というのは本当のようでちょっとちがう。
台湾では、そんなに余裕がなくても、子どもからお年寄りまで、自分のできる範囲でやろうとする文化がある。
寄付やボランティアをやっている人自身が誇りに思えたり、癒されたり……ということもあるし。

高齢人口が3分の1になろうとする時代、孤立する文化になるのか、助け合う文化になるのか……。
これから生まれてくる世代のためにも、助け合う文化が根付いてほしいと思う。

IMG_4517写真は、みんなげーの近くの田んぼ。山に近づくほど、いい水が流れていて米がおいしくなるとか。山に雑草が多ければベストの環境。湧水町の水で淹れたコーヒーやお茶は最高。

新しい連載が始まりました!

2016-08-15

_MG_8461新しい連載が始まりました。

幻冬舎Plus
世界でいちばん質素な大統領夫人が教えてくれたこと。

第1回「生きる意味を見つけなさい」~ムヒカ前大統領夫人ルシアさんの言葉~
http://www.gentosha.jp/articles/-/6086IMG_0568-001

連載には、「どうしてこんなにルシアさんに会いたいのかよくわからない」というようなことを書きましたが、たくさんの人に届けたかったのです。ルシアさんの言葉を。

ルシアさんは、幸せに生きるためにはどうあるべきかを、とてもやさしく、そして力強い言葉で教えてくれました。ひとつひとつの言葉は、日本人のこころにもじんわり響いていくはず……。

連載は2週間ごとにしばらく続く予定です。

【写真・上】国会議事堂内にあるルシアさんのオフィスで。いちばん左の写真は、ムヒカ前大統領。
【写真・下】拙著『働く女の仕事のルール』をもっていただきました。

毎日プレミア連載「旅するように生きてみたら」7回目がアップされました。

2016-08-12

160805毎日プレミア (5)毎日プレミア連載「旅するように生きてみたら~人生折り返し地点の選択」7回目は・・・・・・
「地方で見つけた〝楽しんで続ける〟の社会貢献」
http://mainichi.jp/articles/20160808/org/00m/070/010000d

今回は、私がたいへんお世話になっている「ゆずり葉」さんのお話です。
だれかによろこんでもらえることが、いちばんの幸せ。
働くことも、社会貢献も、毎日の生活も、根っこのところはきっと同じ。

写真は私の鹿児島の拠点、「みんなげー」のなか(いまはさらに進化している)。革制作の余り切れで、クッションをつくってもらいました。「あるものを生かす」って豊かなことです。

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail