Blog

旧市街のなかにあるアラブの市場(イスラエル)

2016-09-10

IMG_2670
こちらは、エルサレムの旧市街のなかにあるアラブの市場で。
香辛料のピラミッドがおみごと。

マハネ・イェフーダ市場(イスラエル)

2016-09-09

IMG_2728エルサレムには、アラブ人の市場と、ユダヤ人の市場がある。
マハネ・イェフーダ市場は、新市街にあるユダヤ人の市場で二百以上の店が並ぶ。
カフェもあって、昼間からビールを飲んでいる人もちらほら……。
IMG_2708こちらは、市場でなにやら楽しそうなことをやっていた元気な女子高校生たち。

エルサレム旧市街のダマスカス門(イスラエル)

2016-09-08

IMG_2683

エルサレム旧市街は、キリスト教徒地区、ユダヤ人地区、ムスリム地区、アルメニア人地区の4つの地区に分かれていて、さまざな宗教が平和的に存在しているのにおどろく。

旧市街をぐるりと囲む城壁には、11の門がある。ムスリム地区の入口になっている「ダマスカス門」は、美しく細やかなフォルム。
旧市街は世界中の文化や伝統を凝縮した場所でもある。

悲しみの道(イスラエル)

2016-09-08

IMG_2624
イエスが十字架を背負って、ゴルゴダの丘まで歩いた道は、今もエルサレム旧市街にあり「悲しみの道/ヴィアドロローサ」と呼ばれている。
1キロほどの道は、イスラム教徒地区の路地を曲がりながら、キリスト教徒地区への終点、聖墳墓教会のゴルゴダの丘跡まで続く。

いまも毎週、金曜日には、修道士だちがこの道を行進して、「イエスが最初につまずいた場所」「母マリアが十字架を背負ったイエスを見た場所」など14のステーションで、イエスの身に起こった出来事に心を重ねる。

どれくらいの人が歩いたのだろう。「悲しみの道」の石はつるつるに磨かれている。

嘆きの壁で祈る女たち(イスラエル)

2016-09-07

IMG_2549
『人生で大切なことは、すべて旅がおしえてくれた』出版を記念して?
本で書いている国の写真をご紹介。

まずはイスラエル。これは本文の「扉」にもなっている写真(のカラー版)。

この壁はユダヤ民族が「約2000年ぶりに帰ってきた」という場所。
深い深い歴史と人びとの思いがぎっしりと詰まっていて……。

詳しくは『人生で大切なことは、すべて旅がおしえてくれた』で。

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail