Blog

1月10日オズモール「去年とは違う自分に変わるために行う2つのこと」

2012-01-11

毎週火曜日に監修させてもらっているオズモール
今年、最初の記事は「去年と違う自分に変わるために行う2つのこと」


http://www.ozmall.co.jp/    

今年は、去年のあんな自分、こんな自分を変えてみたい!と思っていても、
実際は、なかなか変われないもの。

そうです。人は、そんなに簡単に変わることはできないのです。
でも、ちょっとした心がけで、“劇的に変わる!”とは言わないけれど、
少しずつ、自信がついたり、自分のなかでなにかが変化しているのを気づくはず。

そのために、まずできることは、この二つ。

この続きは、ココを見て。↓
http://www.ozmall.co.jp/ol/ozneta/20120110o/

特に、二つ目は大切。
ちょっと壁に突き当たったときも、この言葉をつぶやいてみて。

樹太老

2012-01-10
photo:01


最近、またもや夜が長くなってきた。
昨日、というか今日、寝たのは朝の9時半。
お昼に、教授からの電話で起き、

教授 「まさか、寝てたんですか?」

私   「ええ。大丈夫です」

と少々、チグハグな会話。
この教授は、9時ごろ寝て、毎朝、5時からウォーキングをしているという。
近所なので、寝る前に、ご一緒できるんじゃないだろうか。

さて、今日も、食べ物ネタ。
昨日、久しぶりに行った近所の「樹太老」。
台湾内に15軒、高雄にも2軒あるトンカツ屋さんのひとつ。
スタッフの「いらっしゃいませー」という声が、威勢がいい。

最初に、ここのトンカツを食べたときは感動。
日本料理が進化して、さらに美味しくなっている。
カツがカリッと揚がって、とてもジューシーなのだ。
台湾豚肉の素材の良さと、揚げものの技術のなせるワザか。

photo:02


トンカツのタレは、ゴマ、大根おろし、カレーの3種類から選べる。
上は、ゴマ。3種類のゴマをすり鉢ですり、トンカツソースを入れる。

photo:03


おースドックスなトンカツ。
ご飯、お味噌汁、キャベツ、お漬物数種類は食べ放題。
育ち盛りの男子には、チーズ入りのトンカツがおすすめ。

photo:04


デザートと、飲み物も選べて180元くらい。
チョコアイスと、アイスミルクティが美味しかった。

photo:05



【樹太老】
地址:高雄市左營區裕誠路429號
電話:(07)556-0788

営業時間:11:00-21:30
http://www.kitaro.tw/store.htm

iPhoneからの投稿

ウォーキングシューズと循環型社会

2012-01-09
photo:01

今日は、あたたかかった。
夕方、外に出たら、きれいな飛行機雲。
茅ヶ崎に住んでいたときもそうだったが、いつも空とか海とかの様子を
見ながら生活できるのが、うれしい。

さて、先日は、デパートで気に入ったウォーキングシューズがなかったので、
今日は近所のスポーツ品店を探した。

photo:02

4軒ほど、大きなお店が固まってある。
高雄は、スポーツ品、携帯電話、カメラ、ブライダル、
英会話塾など、近くに固まっているので、目的が決まっている場合は
お店をまわりやすい。

1軒目で、MERRELの靴を購入。
2軒目で、NIKEジャージを購入。
これで、ウォーキングの準備は万端。
いや、久しぶりに服を、買ったような気がする。

不思議なことに、「こんなものが欲しい・・・」と思っていると、
それに近いものが、うちにはやってくる。

家電製品、アクセサリー、スーツケース、文具、傘、着物、帯・・・・・・。
あ、先日はお米…というのもあったな。
物が循環している台湾社会。

photo:03

そして、夕方。
なでしこ夫人が、誕生日プレゼントにと、
バッグと、服を10枚ほど(ほとんど新品!)を持ってきてくれた。
私のクローゼットの半分は、なでしこ夫人からのいただき物だ。

彼女は、買い物をするとき、「これは、○○さんに合いそう!」と購入する。
子供服や雑貨、食料品まで。
フリーマーケットやセールで買ってきてくれることや、
自分で買って合わなかったものもあるが、
まるで、プレゼントを渡して回るサンタクロースのような人。
その量は、ハンパじゃない。

「使わなかったら、だれかにあげて」と押しつけることはないので、
そうさせてもらうが、最近は、なでしこ夫人も
私の好みを理解してくれいるようだ。
ありがたや・・・。

しかし、放っておくと、モノはどんどん増えていく。
今月いっぱい、マンションのロビーでフリーマーケットをやっているので
利用してみようか。
特に、台湾に持ちこんだ本、台湾で買った本が山のようにある。
日本語なので、これは大学図書館かな。
日本なら、ブックオフなどに持ちこんで、換金するところだけれど。

なでしこ夫人とのおしゃべりが楽しくて、ついつい3時間近く、話しこんでしまった。
台湾の将来などを熱く。

photo:04

マンションの入り口に、旧正月用の飾り。
台湾の正月用の飾りって、アニメチック。

iPhoneからの投稿

歩きながら、考えよう。

2012-01-08
photo:01



運動不足で、とにかく、歩きたい!というキモチになって
夕方、大学の近くの大きな公園みやってきた。
郊外にあるのに「都會公園」という不思議な名前。
思ったより、ずっと広くて、3分の1ほどぐるりと回るだけでも40分。
森や、大きな池、噴水、川、展望台などがあって、夜9時まで開いている。
こんな素敵なスポットがあるなんて、知らなかった。
同じ大学のコたちは、ココで、デートなんかしていたのかもしれない。

photo:02

途中、遊具があったので、ブランコを漕いでみた。
ココのブランコは、座る板が弓状になって曲がる。
ビュンビュンと、足のバネを使って、大きく漕いでいると、すっきりした気分。
ひゃあ、これはいいわ。

そして、また、歩く歩く・・・。
歩いているうちに、いろんなアイデアが浮かんでくる。
「歩く」という体を使った行為で、潜在意識も鮮明になってくるよう。
「そうだ!」ということが、ポン!と頭から出てくる。
すぐにメモしたい気持ち。
次からは、小さなメモ帳をもって歩こう。

歩きながら考える・・・
これは、人生も同じか。
ある本のタイトルでも、あったな。

ただし、ウォーキングのときは、ひとりで歩くことが大事(私の場合)。
孤独から、自分自身の力は生み出されてくる。
本当の自分の気持ちにも出会える。

そういえば、話はそれるが、小学生のとき。
片道2キロを歩いて登下校していた。
今日は、どんなことに出会うんだろうと、毎日が冒険だった。
牛に会ったり、おもしろいおじさんと知り合いになったり、
春、おたまじゃくしが川にたくさん生まれているのを発見したり。
まっすぐに歩くより、寄り道や、道を外れることに、
おもしろさが潜んでいることを教えられた。

台湾では、ひとりで通学している子供をほとんど見ない。
校門まで、親がバイクや車で送り迎えする。
治安の問題もあって仕方がないのだろうが、
子どもがひとり、または子供同士で冒険できないのは、
少しかわいそうだと感じてしまう。

photo:03


さて、帰りに、「大力果汁」というジュースやさんで、ジュースを購入。
キウイ、バナナ、パパイヤ、葡萄、ミックス・・・。

今日、選んだのはこれ。

photo:04


パッションフルーツ。
この香りと酸っぱさがたまらない。

photo:05

そうだ。これから、運動不足解消も兼ねて、近くの公園を歩こうと、
ウォーキングシューズを買いにやってきたデパート。
すでに、2週間後の旧正月用の飾り付けが華やか。

iPhoneからの投稿

海鮮料理 八卦

2012-01-07
photo:07

またまた、食べ物ネタでごめんなさい。
昨夜、はにわっちたちが、「最後に海鮮料理を食べたい!」
と言うので、訪ねたのが、うちから歩いて5分ほどの「八卦」。

最近、移転して、さらにキレイになった。
台湾で流行っている店は、どんどん店がグレードアップしていく。

海鮮料理やさんは、店のなか、もしくは外に、
こんなふうに、素材が置いてあって、
「この魚を、酒で蒸して」
など、料理方法を指示。
自分でわからないときは、お店のスタッフがオススメしてくれる。
経験上、スタッフのおすすめに従ったほうが、失敗はない。

そうそう。この店は、ママさんと、スタッフがいくらか日本語を話せるため、
日本人のお客さんも多し。

photo:08


こんな大きな蟹とか、魚が生きたまま水槽で泳いでいる。

photo:01


ブリの刺身。
皮がカリッとなるよう、施してあった。

photo:02

絶品、カキの唐揚げ。
塩コショウで食べるのが◎。

photo:03


ハマグリのお吸い物と、しらこの炒め物。

photo:04


赤身の魚(名前は、?)の蒸し焼き、
イカの鉄鍋焼、
山菜の炒め物(絶品!)

photo:05

最高においしかったプリプリの海老。
粗塩を敷いた鍋で、目の前で蒸し焼き。
(海老がきれいな赤色に変わっていく)
お店のスタッフ、おすすめの食べ方。

photo:06


お店は満席。
海鮮料理は、10人ぐらいで囲んでワイワイ食べるのが楽しい。

ちなみに、これだけ食べて(ほかにも、串焼き、フルーツがサービス)
ビールを5本ほど飲んで、4人で3000元ほど。
それでも安いのだけど、人数が多くなればなるほど、単価は低くなるので、
海鮮屋さんには大勢で行こう!・・・という台湾システム。

今日の料理のセレクトは、ほとんどはにわっち。
中国語はわからなくても、筆談でいくらでもコミュニケーションする彼女。
「煮」「焼」「炒」「蒸」など、共通語なのでカンタンらしい。
食への情熱があれば、言葉の壁はない!

【高雄海産美食・八卦】

高雄市鼓山區南屏路869號

TEL07-5868666

◎営業時間:AM11:00~PM14:00
      PM05:00~PM10:00
http://075566619-1.tw.tranews.com/
日本語ホームページあり

iPhoneからの投稿

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2019 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail