Blog

「奪い合うのではなく、分かち合う」

2012-01-02

今日は、ワケあって、うちの写真を撮っていた。
上は、お気に入りの一枚。
台湾茶をお客さんに出すのが夢で、引越して最初に買ったのが茶器セットだった。

さて、昨日、NHK(またもや(^_^メ))で、今年の日本経済について語り合う番組をやっていた。
新しい発想で、経済を創り出していこうという話。
興味深かったのは、木や産業廃棄物を燃やして新エネルギーを創り出す試み。
日本のある街や、海外では、それで電力をまかなっているらしい。

それから、海外で働く人たちの健闘ぶり。
あるメーカーの男性社員が、タイの洪水で、現地の人たちと
一緒に、トラブルに立ち向っていた。
たくましく、しっかりと。

しかし、この男性、海外に行く前はやんちゃで、会社からは
「あいつ、化けよった」
という評価。
もちろん、いい方向に。

台湾から世界を見ても、
経済はすでにボーダーレスの時代になってきている。
日本の資源。台湾の資源。韓国の資源。中国の資源・・・・
各国のいい財産を持ち寄って、経済をつくる。

キーワードは、
「奪い合うのではなく、分かち合う」

やれることがあれば、手をあげる。
「私、これ、できます!」と。
それは、国家間でも、個人でも同じことだ。

ただし、役割分担を明確にすることがポイント。
それぞれが、自分の仕事をきっちりしてこそ、いい仕事ができる。
押し付け合ったり、頼り過ぎたりしては、いい関係は築けない。
「私はこれをします。だから、そっちはお願いします!」
と言えることが、大事なんだと思う。

自分のやれることを見つけて提供する・・・
それが、働くことの基本。

元旦の誓い

2012-01-01

お正月だから、なにか映画でも観ようと、昨日の深夜観たのは「かもめ食堂」という映画。

フィンランドでおにぎりをメインメニューとする「かもめ食堂」とそこで働く日本人女性3人、
フィンランドの人々の交流の話。
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ……と、ゆるい感じの女優さんたちが魅力的。
5年ほど前、日本で女性たちに、静かなブームだったというのも、なんとなくわかる。
フィンランド……行ってみたい国がまたひとつ、増えた。

今日は昼から、サッカーの天皇杯、決勝に熱中。
リアルタイムに映る日本のテレビ局はNHKしかないので
ついついNHKに偏ってしまう。

そうそう。
今日から私は、いくつかの実行が始まった。
毎日やること。
半年以内にやること。
今年中にやること。

数はできるだけ少なくして、
「これだけは必ずやり遂げたい!」と思うことを。

それを『幸運に愛されるおしごと手帳2012』に書いてスタート。
この手帳に書いたことは、不思議と達成できると思えてくる。
まるで「魔法の手帳」。
(自分で言うのもナンですが、本当に)

実は、10代後半から20代前半の私は、いつも三日坊主だった。

「これをうやろう!」と決めても、
ちょっとした障害があると、
簡単にあきらめることも多かった。
その結果、大きな屈辱感や劣等感、自分への不信感を感じることも。
いくつもの挫折をして思ったのは、
「私ってダメだー」というのと
「こんなはずじゃない。私だって、もっとできるはずだ」
の両方。
どっちをとるか・・・
私は後者を選んだ。

「あきらめて、自分を陥れるのは、もうたくさん。
 やりたいことをあきらめるのは、もうやめよう。
 あきらめないで、最後までやり通そう。
 本気でやれば、私だってできるはず……」

そう思ったときから、ほとんどのことは叶うようになった。
自分で決めたことは、やり通すようになった。
ひとつでも、やり通せたら、
次もいけると思えてくる。

『おしごと手帳』に書いたことは、きっと叶う。
ただし、時期は、そのときの運。

目の前のやれることに熱中していれば、
ちょうどいいときに、ちょうどいいことが
起こるようになっている。

あと30分で2012年

2012-01-01

ついつい紅白歌合戦を観ているうちに、もうすぐ新年。
台湾は1時間ほど、新年になるのが遅い。
こちらでは、旧正月が賑やかで、カレンダーのお正月は、普通の休日。
とはいっても、深夜、あちこちで花火が上がっている。

2011年は、いろんなことを深く考えた年だった。
特に、「命」ということ。
「感情」ということ。
(これは、本を書いたので)

身内が亡くなったことや、入れ替わりに新しい命が誕生したこと(身内に)、
日本と、世界のあちこちで大きな自然災害があったこともあり、
「命」について、これほど考えた年はなかったかもしれない。

与えられた命に感謝する同時に、思ったのは、
「限りある時間を、生きたいように生きよう」
ということ。
やりたいことは、先のばしにしないで、いますぐしよう。
人生も後半。多少、ワガママでもいいではないか。
そのリスクは、いくらだって引き受けよう。

窓の外では、カウントダウンがあって、
大きな花火が上がっている。

いい年にしよう。
笑顔で一日一日を積み重ねて。

KTOWN

2011-12-29
photo:01

ときどき、やってくるベーグルがおいしいカフェ。
パスタも美味しい。
ベーグルは、プレーン、ブルーベリー、シナモンとあって、
どれもチーズがたっぷり入っている。

モーニングメニュー、ランチメニューも
一日中食べられるのが、うれしい。
価格帯は200元ちょっと。

photo:03

店内は、ポップな雰囲気。
コーヒー飲み放題なのも、うれしい。

photo:02


店の入り口。

photo:04


高雄市左營區安吉街403號
tel 07-5565883
http://www.facebook.com/Ktown403

iPhoneからの投稿

海岸線を探検

2011-12-29
photo:01



大学から帰って、ふと海に行きたくなった。
海岸線を車で走っていたら、探検したくなるような小道を発見。
ワクワクしてくる・・・。
車を降りて、早速、探検。

photo:02

がじゅまるの木が覆っている場所も。

photo:05


だんだん道は小さくなり、ロープで降りていく。

そして、海に出た。
人が住んでいるんだろうか。
きれいなテーブルとか、手作りの台所、露天風呂、貯水タンクもあって、
「やさしく使ってね。山友」
と書いてあった。
大人の秘密基地みたい。

photo:03

海には、はしごで降りられるようになっていた。
海好きの私は、心がときめく。

山友さんが、みんなのために作ってくれたんだろう。
いい人だ。

photo:04



いつの間にか、夕陽。
見渡す限り、タンカーや貨物船がずらりと並んでいた。

ところで。
きれいな夕陽が見られると、「幸せ」と思う。
今日、そんなことを、クラスメートのRくんに言っていたら、
「男は、そんなことで幸せとは思わない」
と言っていた。

しばらくして、授業中、思い出したようにRくん、
「落ち込んでいるときに、大丈夫だよって言ってもらえたら、
 幸せって感じるよ」
「彼女から?」
「うん、それもだけど、友だちとか家族とか・・・」

なるほど。
それは、「幸せ」だよね。

男と女の「幸せ感」のちがい、
じっくり考えてみたくなった。

iPhoneからの投稿

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2019 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail