Blog

台湾の味。

2011-09-28
photo:01



上の写真は、先日、食べたビザとパスタ。
一口食べて、うーん、台湾の味。
決して悪いということではなく、まずいということでもなく。
食べ進めていくと、慣れてくる。
調味料なのだろうか。
この微妙な違和感は、外国人だから、感じるものかもしれない。
セブンイレブンの関東煮(おでん)に、台湾ぽさを感じたり。
コンビニのおにぎりや、めん類、インスタント食品なども、どこか台湾っぽい味。
「日式」と書いてあっても。
最近は、ずいぶん慣れて、美味しい!と感じるようになった。
同じように、台湾の人も、日本の味に違和感を感じることがあるらしい。
たとえば、ラーメン。
台湾で、日本のものをそのまま出すと、「しょっぱーい」と、塩からすぎて食べられないらしい。
台湾の人は、唐辛子の辛さには、慣れているが、塩辛さは、大きく反応する。
九州のとんこつラーメンは、幼いころから食べているので、美味しいと思うが、クラスメートの、Mちゃんは、
「ケモノっぽい味」と言っていた。
なんとなくわかるような。
とんこつ味に親しんでいないと、違和感があるかも。
台湾の人が、日本で餃子やワンタンメンを食べたら、
「これは、ちがう!」
と思うんだろう。
生まれ育った場所での味覚って、かなりしぶとい。
iPhoneからの投稿

大学の帰り道

2011-09-27
photo:01



大学の近くに住んでいる日本語が堪能なR嬢と餃子。
ここの酸辛湯がときどき食べたくなる。
餃子をつつきつつ、この夏の報告をし合う。
怪談的な実話と、恋の話で盛り上がった。
不思議なもので、R嬢とゴハンしている様子、大学院に入る前、R嬢と出会う前からイメージできてた。
ずっとこうなったら、楽しいだろうなと思っていたこと。
iPhoneからの投稿

学習と創作と。

2011-09-26
photo:01


昨日は夕方、ちょっと散歩に海まで。
帰宅して、原稿のチェックをしていたら、あっという間に朝。
少し寝て、起きて、昼は仕事して、3時すぎダウンして……起きたら7時だった。
まるで、合宿のような日。
途中、台湾時間、午前2時から、NHK大河ドラマ「江」の再放送を観た。
最近は「篤姫」の中国語字幕入りも、なぜか民放で始まった。
子役の芦田愛菜ちゃんの泣きっぷりに、惚れ惚れ。
どうしてあんなに涙が出るんだろう。
恐るべし女優。
大人になっても、活躍する女優さんになってほしいものだ。
さて、先日、なにかの本を読んでいたら、村上春樹さんが、
ジョギングをするとき、「あともうちょっとできる」という波にのってくるときがあるが、
そこは抑える……というようなことを言っていた。
やりすぎてしまうと、次に堪えるから……。
勉強や仕事もそうで、「燃え尽きた」という状態になったら、
しばらく、手をつける気になれなかったり、ぼーっとした放心状態になったりする。
しかし、創作活動という場においては、
「いま、ちょうどいいところ」と乗ってういるときにやってしまわないと、
大きな波がしばらく来ない、ということがある。
本を書くときは、1カ月ほど集中して、朝も昼も夜もやらないと、深く追求できないということもある。
それでも、やっぱり、調子に乗って、やり過ぎてしまうとよくない。
(現実的に、そうもいってられないこともあるんだけど)
特に数日睡眠不足が続くと、そのあとの数日は、だらだら、ぼーっとしていることになる。
「燃え尽き症候群」にならず、つねに細々と炎を燃やしていくトレーニングを、いましているところ。
iPhoneからの投稿

買い物に行って見つけたもの。

2011-09-25
photo:01

近所の漢神デパートの紀伊國屋書店で。
6月に共著で一部書いた『世界が感嘆する日本人 海外メディアが報じた大震災後のニッポン』。
とっても売れているらしい。

photo:02


ビッグニュース!? 漢神デパートのなかに、東急ハンズができていた。

photo:03


まずい。東急ハンズに来ると、おもしろいものを見つけて、つい買ってしまう。
今日は、肩もみ機(?)。
あれこれ試して、これがいちばん気持ちよかった。

photo:04


それから、台湾のドンキホーテというべき、小北百貨へ。
扇風機から、お菓子まで、なんでもあり。とにかく安い。

photo:05

お茶を煎れるのによさそうなポット(?)を購入。
50元(約125円)なり。
うー。円高の影響を感じる。
台湾に来始めた4年半前は、1元が4円近くだったのに、いまは、2.5円。
海外に住んでいる身としては、その恩恵があるようだが、日本にとっては、円高が進むのは大変。
日本のものが売れなくなる。
または、利益が少なくなる。
本日、1500円ほどの日本の本を買ったら、602元だった。
昔は、400元ほどだったということになる。
これは、日本の本も海外では、売れにくくなるということではないか(市場は狭いけれど)。
ということは、やはり、私の仕事にも関係している。
「円高かぁ。あまり関係ないけど」という人でも、どこかでしわ寄せが来たり、これから来たりするはず。
日本経済は「貿易赤字は『輸出減少型』から『輸入増加型』に姿を変え長期化する可能性が高い」とか。
これは、大学でも勉強しているところなので、じっくり学んでみたい。

iPhoneからの投稿

すごい人!

2011-09-24
photo:01



夏祭りのような、台湾の夜市。
ゴハンしに来る人、洋服を買いに来る人、ゲームをしにくる人。
子供からお年寄りまで集まる場所。
すんごいパワー。
iPhoneからの投稿

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2019 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail