台湾の旅

台北より帰宅途中。

2012-08-09
photo:01



淡水の夕陽。
いろいろ行った台北の旅。
今回ご案内したみなさまは、お仕事でお世話になった方と、高校時代の部活動仲間4人。
女子だけで、30年以上、年一度の交流を続けているとか。
素敵な関係だった。

photo:02



終電の新幹線で、ひとり高雄へ。
22時12分発。
24時前には着く予定。
行きに、こぼしてしまったリベンジで、新幹線のなかでコーヒーを買う。
車内販売の男の子がコーヒーを差し出しながら
「どこまで?」
と聞いてきた。
「左營」
と答えると、
「終点だから、安心して眠っていいよ」
こういう気の利いたセリフ、日本人にはなかなか言えないかも。
今回の旅で、確信したこと。
「動こう」
ある方に、背中を押された旅でもあった。
iPhoneからの投稿

台北へ

2012-08-08
photo:01



なでしこ夫人と友人と新幹線で台北にやってきた。
新幹線のコーヒーって美味しいの、と買ったのはいいが、全部をこぼして大騒ぎをしているうちに到着。
二人はあちこちに用事があるが、私は特に行くところもないので、ホテルで本を読む。
夜に合流して、飲茶とショッピング。
ホテルではNHKBSが映り、オリンピックのサッカーが観られた。
嬉しくて、ひとり声援を送りつつ眠る。
今朝は台風も去って、いい天気!
本日も日本からお客さま。
台湾のことを日本の人に知ってもらいたい。
また、逆もあり。
日本のことを台湾の人に知ってもらいたいと思う。
iPhoneからの投稿

昨日のこと。

2012-08-07
photo:01



台風で一日遅れ、沖縄から、お客さまがやってきた。
とある不動産物件をご案内。
静かな高級住宅街。
私自身は、不動産を買う予定はないが、見るのは大好き。
ここに住んだら…なんてイメージするのは楽しい。
いろんな国で、その土地の文化や生活などに触れることができる。

photo:02



帰り道、不思議なほど紅い夕映え。

photo:03



しばらく時間が経ってもきれい。

photo:04



夜は、なでしこ夫人が開店する予定のカフェを見にいく。
かつての日本統治時代の家屋をリフォームしたお店。
日本の軍関係者が使っていたものらしく、広間に床の間、仏間もある。
なでしこ夫人のお父様の家から持ってきたアンティークの家具も、味わい深い。
生活を感じる旅は、また楽し。
iPhoneからの投稿

高雄のデパート、漢神巨蛋にて

2012-08-06
photo:01



一昨日の日曜日のこと。
買い物があり、近所のデパートへ。
ヴィトンのショーウインドウ。
草間弥生さんとのコラボ。強烈なり。

photo:02



日曜日はいつも、こんな光景が見られる。
大人も子供も大喜び。
もちろん、私も。

photo:03



紀伊國屋書店。
日本語okはありがたい。

photo:04



回転寿司やさんにて。
ん? お菓子が流れてきた!
…なんて2日後、台北のホテルにて、投稿しているワタシ。
夏休みの絵日記をまとめて書いている気分ですわ。
iPhoneからの投稿

SPR COFFEE

2012-08-06
photo:01


歩いて5分のところにあるカフェ。

森林公園のあたりは、まるでニューヨークのような街並み。

いえ。NYには行ったことはないのですが、なんとなく。


いつもはスタバを利用するのだが、今日は初めてこちらに来てみた。


もっと早くくればよかった。

すばらしく居心地がいい!

1時間半、読書に集中しよう!と来たのだけど、ソファがゆったりしていてリラックスできた。

テーブルの間隔が離れているので、まわりが気にならない。

インテリアの雰囲気もいいし、ボサノバの音楽もいいではないの。


本日のコーヒーは90元で、大容量。

スタバよりややお得感がある。

今日のマンダリンは酸味とコクがあって、目が覚めるようだった。

モーニングメニューやケーキなども充実。


3階まであって50~60人は入りそうな、ぜいたくなフロア。

ただ…いつもお客さんが少ないようなので、ずっと存続することを祈りたい。

photo:02



【SPR COFFEE】

高雄市神農路181號

(凹子底森林公園横)


tel 07-554-2930

営業時間: 8:00-22:00

定休: 毎週火曜日
http://www.sprcoffee.com.tw/

iPhoneからの投稿

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2018 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail