台湾の旅

週末のこと。

2012-08-05

MAYUMIの旅びと生活。

この写真は、昨年の夏、ギリシャで撮ったもの。

たまには、旅のスナップなどをと思い・・・。

いまは、台湾。しばらく台湾。大学院の卒業が決まるまで台湾。の予定。


さて、今日、やってくる日本からのお客さまが、台風のため、明後日になったと連絡あり。

そのあと、またひとつ、台風がいて、7日あたりに台湾に接近。

来週は、台北に行く予定なので、ちょっと気になりつつ、朝まで仕事をする。


昨夜は台湾時間7時から、たまったメールの返信をしながら、オリンピックのサッカー観戦をした。水泳や陸上は、仕事のためパス。

結果だけ見て、「あー。そうだったのか」としみじみ。


だれかが、「オリンピックがあるから、戦争を避けられている」という説を唱えていたが、あながち、虚説でもないかもと思う。

こころよく思っていない国を打ち負かしてすっきりしたり、相手をたたえたり、親しみを感じたり。

スポーツの力って大きい。

選手の方々に感謝。

(そんなつもりでやってるんじゃない!と言われそうだけれど)


ところで、台湾のニュースによると、北海道の日本ハムで台湾出身の陽選手が、とても活躍しているらしい。

オールスター戦の第3ゲームでも3ランホームランを放って、MVPに輝いたとか。

アミ族の出身で、二人の兄もソフトバンクなど、日本のプロ野球選手。

目鼻立ちがはっきりしていて、スター性もあるようだ。


日本ハムは、8月3・4・5日、アジアンフェスタを開催。

台湾、中国、韓国からのお客は無料。同行の人は何人でも半額・・・という太っ腹。

北海道は、台湾からの観光客がとても多い場所。

日本ハムの企画力はすばらしいと思っていたが、これは画期的だ。

台湾の人たちが、どれだけ喜ぶことだろう。

詳しくはここ↓

http://www.fighters.co.jp/news/detail/2766.html


お。外はすっかり明るくなった。

雨も上がった。台風前の静けさか!?

品田牧場

2012-08-03
photo:01


ずっと気になっていて、行っていなかかった家の近くのとんかつ屋さんにて夜ゴハン。


店内の写真を撮るのを忘れたが、雰囲気よし。

店員さんのホスピタリティよし。


とくに、とってもピュアな感じの女の子の笑顔がすばらしかった。

たどたどしい日本語ってずるい。

かわいすぎる。


「ありがと↗、ございます↘」(にっこり)

というような。


たどたどしい言葉って、一応、性別女の私でも、

キュンとしてしまう(男だったら、ゾクリ?)。

会話が普通に通じて、冗談が言い合えるような流暢さになると、

キュンとはならないのだが、ほとんどわかっていない状態で

一生懸命話そうとする、「たどたどしさ」。


そうえば、私も、何十年も前、中国人男子に

「日本人の女の子が、中国語を使うとかわいいな~」

と言われたことがあった。

あぁ。遠い、遠い、はるか昔のことだけれど。


日本の男性は、こういう台湾女性にクラッときてしまうんだろう。

つき合うとなると、いろいろ大変でも、恋が始まるのには

十分なきっかけだと思う。


おっと話がそれた。

品川牧場。じゃなかった品田牧場。


前菜、メインメニュー(とんかつ)、茶わん蒸し、梅酢、味噌汁、ご飯、漬物、デザート、飲み物のコース。

メインメニューはトンカツや魚フライなど10種類ぐらいから選ぶ。

デザート、飲み物も選択制。


今回はチーズとハムなどが入った香草揚げにしてみた。

デザートはパンナコッタ。

(台湾の人はパンナコッタが好きかも)

玄米抹茶ラテ?が美味しかった。


とんかつソースは、ケチャップが入った、ちょっと台湾風味。

今日のとんかつも、ハムが入っていたからか、甘かった。

が、全体的には◎。


夜は299元。

平日のランチは飲み物、デザートなしで239元。

photo:02



【品田牧場 高雄明誠店】

高雄市明誠二路368號

TEL 07-557-6368

営業時間 11:30-14:30 17:30-22:00

www.pintian.com.tw

iPhoneからの投稿

台湾のシャンプーマッサージ

2012-08-02
photo:01


昨夜の台風はすごかった。

朝まで起きていたが、風の音がうるさ過ぎて

寝ようにも寝れなかっただろう。


マンションの前の公園は、あちこち木が倒れている。

毎年、このような台風がやってきて、被害が出るが

元通りにするのもあっという間。

明日には何事もなかったようになるだろう。


さて、今日は、数か月ぶりに美容院にいく。

台湾は足つぼマッサージもいいが、

シャンプーマッサージもなかなかおもしろい。

photo:02


↑このように座ったままで、泡立ててシャンプーをする。

頭のマッサージはもちろん、首、肩までやってくれる。

極楽、極楽。


気を付けなければいけないのは、シャンプーが服に飛ぶこともあるので、

汚れてもいい服を着ていくこと。

シャンプー台で洗い流すとき、なにも言わないでおくと

顔までじゃぶじゃぶ洗ってくれるため、顔にタオルをかけておくこと。

photo:03


シャンプーマッサージ、トリートメント、

カット、ブローまでしてもらって1500円弱。

なかには、ネイルをサービスでしてくれるところもある。


いつも行く足つぼマッサージより安い!


東京の若い編集者が、

「夜お出かけするとき、美容室に寄って巻き髪などに

 ブローしてもらうと、リフレッシュできるんです」

と言っていたが、

美容室って、女性の気分転換には最高かも。

photo:04


帰り道にあった「和民」で夜ゴハン。

2人用テーブルは、すべてL字型のボックスになっていた。

これって台湾だけだろうか。


日本に帰ったとき、居酒屋の個室化が進んでいると感じたが

そのうち、一人個室ができたりしてね。

iPhoneからの投稿

茴香戀戀溫泉會館(四重渓温泉)

2012-08-01
photo:05



雨の日が続いている。が、ちょっとだけ、どこか行きたい。

どこか行くところはないだろうかと考えて

「雨といえば、温泉ではないか!」

と思いつく。

そして、夕方近くになって向かったのは、屏東縣の四重渓温泉。

日本統治時代からある古い温泉街だ。

昭和天皇の弟君の高松宮宣仁親王がハネムーンに訪れたという地。

(詳しくは、平野久美子先生の『高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーン

に書いてある)

http://www.amazon.co.jp/%E9%AB%98%E6%9D%BE%E5%AE%AE%E5%90%8C%E5%A6%83%E4%B8%A1%E6%AE%BF%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E4%B9%85%E7%BE%8E%E5%AD%90/dp/4120034941/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1343765336&sr=8-1


さて、温泉村のあたりは、パイワン族の人々が多く住むのどかな集落。

温泉旅館が密集していて、どこか懐かしい雰囲気である。

今回は、以前、訪ねたことのある「茴香戀戀溫泉會館」に。


ここは、プールのようなスパ(水着をつけて入る)、

男女別の温泉(裸で入る)

家族風呂がある。

photo:01


↑ここは、水着をつけて入るスパ(男女混浴です)

photo:02


↑こちらは、裸で入る男女別の温泉。写真が撮れなかったので、ロビーの看板より。

「タオルを準備しなさい」という日本語、合ってはいるんだけど、ちょっと乱暴です・・・

今日は、普通に裸で入る温泉(半露天)に入ったが、

夕方だったため、蚊の襲撃に合うことに・・・。

外で涼もうとすると、すぐに蚊が集まってくる。

30分ほどお風呂に浸かって退散。


泉質はヌルッとしていて、肌がしっとり。よい感じ。


帰り際、家族風呂も見せてもらう。

なぜか普通のダブルベッドがあって、お風呂がガラス張り・・・という、まさにラブホを小さくしたような作り。


ベッドがない部屋は45分600元、

ベッドがある部屋は80分1200元という価格設定が

なかなかおもしろい・・・。

photo:03


photo:04


【茴香戀戀溫泉會館(四重渓温泉)】


屏東縣車城郷温泉村大梅路1-16號

TEL 08-8824900

http://www.fennel.com.tw/

iPhoneからの投稿

ずっと雨。

2012-07-31
MAYUMIの旅びと生活。


↑こんな夏の風景を見に、海に行こうと思ったが、ずっと雨。

なんでも台風が近づいているため、今週はずっと雨らしい。


夜になって、オリンピックの体操などを観る。

判定で勝敗が決まるスポーツって、もどかしいわー。


台湾も、重量挙げで銀メダルを獲得した女子がいて、一部で盛り上がっている。

卓球男子もベスト8入り。

私はとてもうれしいのだけれど、まわりの台湾人は、「あんまり、見てな~い」と冷めた様子。

ちなみに、台湾では、金メダルには約3000万円、銀は1800万円、銅は1300万円が贈られるとか。


深夜、なかなか仕事が進まず、「もう寝ちゃおう!」と就寝。

朝、起きた瞬間、だだーっと原稿が思いつく。

こういうことって多い。

ときどき離れることも大事だが、離れてばかりではいけない。

近づいたり、離れたり・・・ってどんな関係でも、大事なんだよね。


« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2018 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail